Fリーグ第31節 湘南ベルマーレ戦



昨日行われたFリーグ31節

ペスカドーラ町田VS湘南ベルマーレ


18日現在、プレーオフ出場圏内である3位と好調だった町田ですが

1対3

残念ながら負けてしまいました。。

湘南も崖っぷちだっただけに堅い試合となりましたが
先制され、追いつくも引き離され、
後半終了間際、パワープレー返しで追加点。。
結果敗退となりました

個人的にはシノくんのまた抜き、シャペウ、そして

ゴーーーーーーーール!!

もありうれしかったですけどね。
チームが負けてはね。。


敗因の一つには今回もレフリーの誤審。。
前回はその誤審に助けられ勝ち点を拾いましたが
今回は逆に足をすくわれ。。

ファールの基準がバラバラで、
ホームだからとか関係なくいつもそうなんだけど
かなり曖昧な判定が多かった。。

前半開始すぐのゆうきさんの身体を寄せたディフェンス
接触もそこまで強いモノではなかったのだが町田にチームファール1つ目

あれを取ったのであれば、あのレベルの当たりは全部取るのが流れ。
これが基準だ!
的なモノがあのプレイで決まったはず。

だのに、この後の判定にはまったく反映しない。。


完全に流れが変わってしまったのは、
後半流れにのった時間帯での立て続けのシュートのうち
ペナ外ではあるがおそらく枠に飛んだであろうシュートに
ハンドがあったのにも関わらず取らない、、

その前に起きた町田に有利でもない、どーでもいいハンドは取る始末

いい位置だっただけにいらだつ。。

そして藤井健太くんの退場になったパワープレーのシーンでも
最終ラインにいた健太くんに
後方から両肩を手で押さえつけながらのディフェンスが流され
奪われ1対1のピンチになる前に倒し、決定的阻止でのレッド。。

その前で取ってくれれば起きなかった事態。
健太くんへのファールは
目の前でやられ、第三審判も間近で見てる訳で、
第二審判もプレーオンをかけるでもなく、つまりは

『ない』

との判定。。

ボクもサッカー2級、フットサル3級の審判資格を持っていたので
レフリーにはリスペクトするココロはあるんですが。。

押さえつけられてる状況を例え健太くんが倒れないようにがんばったとしても
こらえていたのは誰の目にも一目瞭然。

しかもパワープレーでゴレイロがいないという事は
健太くんは最終ラインなのです
その状況を考えてほしかった。。

アリーナDJとして日本サッカー協会への意義を問うような事を
公共の場で書くのはいかがなものかと思われる方も多いかもしれませんがね

レフリーの判定でGAMEの内容が悪くなってしまうのは
選手側、応援する側としては非常に残念。。

そしてFの判定レベルの底上げのためにもあえて書かせて頂きました

ボクが関わる審判関係のみなさんにも
頻度を上げてFリーグを是非見てほしいですね


とりあえず、Fリーグも残り5節
プレーオフに向けて残り全部勝てるように
みなさん!
ペスカドーラ町田の応援よろしくお願いします!!


そして、次回ホームゲームは

2月2日(日)15:00キックオフ!
町田市立総合体育館にてデウソン神戸を迎え撃ちます!

この日はペスカドーラ町田応援歌

『STORY』

も発売となります!
価格は¥1,050で売上はクラブの強化費にもなりますので
ご購入頂き、ペスカドーラ町田を応援して頂けたらと思います!
よろしくお願いします!!

では、今シーズン最後のホームゲームとなります
たくさんの来場をお待ちしております!!

PS
今日の夜は相模原の個サル
シノくんとじゅんたさんかな?
参加できる方は是非!!
[PR]

by souichi.voice | 2014-01-20 14:32 | フットサル、サッカー  

<< 横浜Fマリノス 新体制発表会! CD発売日変更のお知らせ >>