七夕

たくさんの応援を頂きながら兄妹頑張って参りましたが
妹らしくロマンティックな七夕の夜
眠るように息をひきとりました

付き添ってたおふくろたちも手を握っていたのにわからない程に
静かに安らかに旅立ったので
苦しんだここ数ヶ月に比べたらせめてもの救いなのかもしれません

昨年の夏には味道苑で手伝いもできてたし
回復に向かってましたが
今年の寒波で風邪を拗らし体力を失い
抗がん剤治療ができずその間に転移してしまいました
2月には歩けなくなり入院

そこからは早く、放射線などいろんな事を試しましたが
先生からあと数日と余命告知をされたので
看取るために6月2日ボクの誕生日からつきっきりに。

そこから一ヶ月以上も頑張って一緒にいてくれました

最後の一週間
肺炎から高熱と肺の状態の悪さもあり
普通なら1日2日のところ
息一つ一つを弱々しいながらもしっかりがんばりながら
一週間も一緒にいてくれた

7月7日の朝もイベントに出かける朝
『いってきます!』
って声かけたら『はい』って力を振り絞って手を振ってくれました
強くて優しくて最高の妹です
人の心配ばっかでオレには真似できない凄い人だった

お通夜では泣かないと決めてましたが
同級生のやっちゃん、始、親ちゃんの顔を見たらこらえきれませんでした
駆けつけてくれてありがとう

何人の方が会いに来て来てくれたんだろう
ひっきりなし頭を下げ続けました
それほどたくさんの皆さまがご参列して頂き
妹がいかに愛されてたのかがわかって
兄としてもうれしく誇らしく思います

妹を愛してくれた皆さま
本当にありがとうございました

出棺の際
篝火でおくり出せた事だけが兄としてたった一つしてあげられた事かと思います

恵津子に書いた曲ですが
妹と約束したのでね
これからもボクが大切に想う人へ大事に大事に歌っていこうと思います
一人でも多くの人に届くように
皆さまの篝火になる大切な人たちが末長く笑っていられますように。
想いを込めてがんばって歌っていきます

まだダメですけど
しばらく泣いて少し元気が出たらみんなに会いに行きます

お力添え頂きました皆さま
本当にありがとうございました






[PR]

by souichi.voice | 2018-07-12 17:36 | LIVE、音楽、MC  

<< 博多湾ビーチパークゆうやけマラソン 木根尚登 2525ツアー! >>